新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京医科大学の不正入試問題、国会議員が口利き関与か 第三者委員会が指摘!「国会議員からも依頼が」


東京医科大学が不正な得点操作を行って意図的に合格者を選別していた不正入試問題で、国会議員が関与していた可能性があることが分かりました。

NHKは第三者委員会の調査報告として「国会議員が口利きの可能性」と報道し、実際に医学部看護学科では臼井正彦前理事長が国会議員からの依頼に基づいて、特定の受験生を補欠合格させていた疑いがあるとのことです。
口利き行為を行った国会議員の名前は分かっていませんが、事実だとすれば議員辞職レベルの大問題だと言えるでしょう。

また、寄付行為として数千万円単位の資金提供があったとの情報もあり、それを示唆する臼井前理事長のメモも確認されたと報じられています。臼井正彦前理事長あての手紙には受験生の名前の隣に「1000」「2000」「2500」などと書かれ、このような不正行為が日常化していた恐れもありそうです。
単なる大学の不正入試があっただけではなく、国会議員や寄付金も絡んだ大きな疑惑として追求を強める必要があります。

 

東京医大入試、国会議員が「依頼」 上位を超え補欠合格
https://www.asahi.com/articles/ASLDY6GBDLDYUTIL01P.html

 東京医科大の不正入試問題をめぐり、29日に公表された第三者委員会の最終報告書は、寄付金、国会議員が絡んだ疑惑なども新たに指摘した。構造的な女子差別については歴代3人の学長の責任を認定し、大学側のガバナンスを批判した。

“国会議員が口利きの可能性” 東京医科大の不正入試
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181230/k10011763651000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

東京医科大学の不正入試問題で第三者委員会は、過去の入試で政治家の口利きによる不正が行われていた可能性を新たに指摘しました。また大学は、来年4月に入学する追加合格者に予備校の受講料金などの費用を補償する方針を初めて明らかにしました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!