新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

細野豪志衆院議員(静岡5区)が自民党入りを検討へ 二階派と接触!与党支持者からは反発も


かつて旧民主党政権で環境相を担当し、この前の総選挙で旧希望の党から出馬した無所属の細野豪志衆院議員(静岡5区)が自民党入りを検討していることが分かりました。

既に自民党の二階派に接触したと報道されており、接触を受けた二階俊博幹事長は「早々に細野氏を二階派に迎え入れてもいい」とコメントして受け入れを前向きに検討しています。

ただ、与党支持者からは反発の声が根強く、ネット上の意見を見ても与野党の両方から「浮気症で信用できない」「会派に入れてほしくない」などと否定的なコメントがありました。
ここまで両方の陣営から腫れ物扱いになっている議員は珍しく、色々な勢力をフラフラとしていたツケが来たと言えるでしょう。

 

細野豪志氏、自民入り探る 無所属の展望見えず二階派接触、地元は反発
https://www.sankei.com/politics/news/190113/plt1901130007-n1.html

 旧民主党政権で環境相を務め、現在は無所属の細野豪志衆院議員(静岡5区)が自民党入りを模索している。“野党のホープ”として将来を期待され、小池百合子東京都知事らと旧希望の党を結党して政権奪取を目指したが失敗に終わり、展望が開けないためだ。二階俊博幹事長率いる二階派(志帥会、44人)の関係者らと水面下で接触し、機会をうかがうが、地元の反発は強く、ハードルは高い。(奥原慎平)

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!