新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新元号の全候補が判明!英弘・久化・広至・万和・万保・令和 令和の考案者は国文学者・中西進氏か

*官邸
新元号の選定作業について、最終候補となった元号の6案が判明しました。NHKの記事によると、原案として浮上した漢字は「英弘(えいこう)」、「久化(きゅうか)」、「広至(こうし)」、「万和(ばんな)」、「万保(ばんぽう)」の6案だったとのことです。
令和の発案者は国文学者の中西進氏だと見られ、中西氏は前々から万葉集を専門にして研究調査をしていました。

 

新元号 6案すべて判明 「令和」考案は中西進氏か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190402/k10011870221000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

新元号の選定作業で、政府が示した6つの原案すべてが明らかになり、新元号に決まった「令和」以外は、
▽「英弘(えいこう)」、
▽「久化(きゅうか)」、
▽「広至(こうし)」、
▽「万和(ばんな)」、
▽「万保(ばんぽう)」の5つの案でした。「令和」の考案者は、関係者の話などから万葉集が専門の国文学者、中西進氏とみられます。
新元号の選定にあたって政府は、考案を委嘱した専門家から提出され

 

●以下、ネットの反応


●管理人コメント
この6案だと、令和が無難だと感じますね~。個人的にはちょっと冷たい響きもありますが、同時にサッパリしている感じもあって嫌いではありません。他の候補であり得るとしたら、「広至」か「英弘」かなと思いますが、なんか露骨すぎてこれも元号というイメージでは・・・(苦笑)。
命令の令というような批判もありますが、令には良い意味もあるので落ち着く場所に決まったと思っています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!