新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新元号「令和」の選定、政府説明に虚偽情報!?首相が意中の元号案を事前に把握か 関係者の証言と齟齬

*官邸
新元号「令和」について、政府が説明している選定作業に虚偽情報が含まれている疑惑が浮上しています。

4月3日に時事通信社は「政府説明 実態と乖離」というようなタイトルで記事を投稿し、政府の表向きの説明と関係者の証言が異なっていると指摘。具体的には政府が元号選定手続に基づいて動き始めたのは3月14日で、菅長官が報告した新元号の候補リストに令和があったとされています。

しかしながら、関係者の証言だと、政府は3月よりも遥か前に元号候補の考案を非公式に依頼し、100に迫る候補を官房副長官補室の金庫で代々保管。これらを精査して、原案を6つに絞り込んだのは4月1日ではなく先週だったと言及されています。

更には安倍首相が2月以前から元号候補を把握した上で、意中の元号案を事前に固めていた可能性があるとも報道されていました。

実際に新元号「令和」を選ぶ際に、郡司彰参院副議長が意見聴取の場で「季語の入った万葉集(を典拠とする案)はどうなのか」と疑問を投げ掛けていましたが、政府は「令和に異論はなかった」と説明しています。
少なくとも、6つの原案を安倍首相が早い段階で知っていた可能性があり、関係者と政府説明に齟齬(そご)が見られるのは間違いないと言えるでしょう。

 

政府説明、実態と乖離=「令和」の選定過程
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00000011-jij-pol

 しかし、関係者の証言を総合すると、実態は異なる。

政府は、はるか以前に有識者に元号候補の考案を非公式に依頼。100に迫る候補を官房副長官補室の金庫で代々保管し、考案者が亡くなるたびに新しい候補を補充してきた。これらを精査し、原案を六つに絞り込んだのは4月1日ではなく先週だった。

さらに、首相は2月以前に元号候補を見せられ、意中の元号案を事前に固めていたのではないかとの見方が政府内では強い。令和に異論はなかったとの説明に反し、野党出身の郡司彰参院副議長が、意見聴取の場で「季語の入った万葉集(を典拠とする案)はどうなのか」と疑問を呈したことも分かっている。


●ネットの反応


●管理人コメント
表向きには有識者の方々が賛同して6つの原案から決めたとなっていますが、この政府説明が違うならば違和感を感じます。何故に政府が虚偽の説明をする必要があるのかと思うところで、時事通信社の報道が事実だとすれば、後々で大問題になるかもしれません。
個人的には令和という言葉は嫌いではないだけに、このような情報が出てくるのは少し残念ですね・・・。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!