新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【重要】福島第一原発3号機で初の核燃料取り出し作業を開始!計566体の核燃料、初日はトラブルで一時作業中断も


4月15日から福島第一原発で最重要作業が開始となりました。東京電力によると、4月15日朝から福島第一原発3号機で史上初となる使用済み燃料プールから核燃料を取り出す作業が始まったとのことです。

3号機の燃料プールには使用済み核燃料が514体、未使用の新燃料が52体保管され、合わせて566体の核燃料を開始することになります。東電は「2020年度中に作業を追える」としていますが、作業中に災害などのトラブルが発生すると、大規模な放射能漏れに繋がる恐れもあるところです。

既に初日の作業でトラブルが発生し、作業が一時中断となりました。3号機は大規模な爆発の影響で建屋の損傷も激しく、無事に最後まで耐えてくれるかは未知数だと言えるでしょう。

 

3号機の作業現場

 

参照:東電 3号機使用済燃料プールからの燃料取り出し
http://www.tepco.co.jp/decommission/progress/removal/unit3/index-j.html


原子炉建屋上部にある使用済燃料プールには、発電に使用された使用済燃料等が貯蔵されています。水素爆発を起こした3号機は、原子炉建屋上部のガレキ撤去等が完了し、2018年2月に燃料取り出し用カバーの設置が完了しました。

その後、準備が整ったため、2019年4月から使用済燃料プールからの燃料取り出しを開始しました。
周辺環境のダストの濃度を監視しながら、安全第一で作業を進めてまいります。

福島第一原発3号機 核燃料の取り出し作業を中断 トラブルか
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190415/k10011884541000.html

東京電力福島第一原子力発電所3号機で15日朝から始まった使用済み燃料プールの核燃料を取り出す作業は、午後1時前、2本目の核燃料を取り出したあと、なんらかのトラブルが起き、作業は一時中断しているということです。東京電力が現在、詳しい状況を調べています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!