新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ネトウヨの懲戒請求騒動、参加メンバーは洗脳状態に?「日本のためになると思い込んだ」


右派系のブログが煽って弁護士らに大量の懲戒請求を送り付けた問題で、ブログの情報を信じて懲戒請求を送った方達がメディアの取材に応じて心境を語ってくれました。

朝日新聞の取材記事によると、実際に懲戒請求を送った50代の女性の方は「日本人がすぐれていると強調する内容。今思えば、どう読んでも差別をあおっていたが、私は歴史について無知で、『こんな考え方もあるのか』と信じてしまった」などと語っており、本気で日本のためだと思って行動していた証言しているとのことです。

また、別の30代公務員の男性も「当時の民主党政権を支持していたが、同年の衆院選で自民党が過半数を得て、政権に返り咲いた。自らの考えに自信を失いかけたところ、日本人の優越性を唱えるブログに賛同するようになった」などとコメントし、ブログを信じ込んでいたと明らかにしています。

いずれも共通しているのは無知から来ている盲信で、歴史に対する認識が薄いからこそ、過激で都合の良い情報を正しいと思いこんでしまった傾向が見られるところです。
これは他のネットユーザーにも見られる現象で、無知だからこそセンセーショナルな情報をそのまんま信じてしまうという構図になっていると言えるでしょう。

このような流れを変えるためには、日本の教育から真剣に見直す必要があるのかもしれません。

 

ブログ信じ大量懲戒請求「日本のためと思い込んでいた」
https://www.asahi.com/articles/ASL5X6609L5XUTIL04P.html

 全国の弁護士会に約13万件の懲戒請求が寄せられていた問題の背景には、朝鮮学校への補助金支出などを批判するブログの存在が指摘されている。記述に「あおられた」という当事者たちは取材に、「懲戒請求することが日本のためになると思い込んでいた」「洗脳されていた」と話す。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!