新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

農水省元事務次官「川崎の事件見て息子も危害加えるかもと」 1人で死ね論争、最後は家族の手で・・・


農林水産省の元事務次官・熊澤英昭容疑者(76)が息子の熊澤英一郎さん(44)を刃物で刺して殺害した事件で、熊澤英昭容疑者が先週の川崎市で発生した児童襲撃事件を意識していたことが分かりました。

NHKの記事によると、熊澤英昭容疑者は警察の取り調べに対し、「川崎の事件を見ていて、自分の息子も周りに危害を加えるかもしれないと不安に思った」という趣旨の供述をしていたとのことです。
また、息子は引きこもりがちで家庭内暴力が酷く、事件直前には近くの小学校で行われていた運動会の音に「うるさい」と腹を立てて、父親の熊澤英昭容疑者と口論になっていたとも報じられています。

熊澤英昭容疑者の立場や地位から一般的な施設に相談できなかったとも見られ、ネット上でも父親に同情する意見が相次いでいました。

一方で、同時に川崎市の事件で注目を浴びていた「1人で死ね」論争ですが、このような社会的な風潮が今回の事件を引き起こしたと指摘する声もあるところです。結局のところ、常軌を逸した精神異常者や問題児は他人の言葉に耳を傾けないことが多く、「1人で死ね」という言葉の行き着く先は「親族がやれ」になってしまいます。
自覚がない潜在的な危険人物を爆発させる恐れもあるわけで、安易に「1人で死ね」と叫ぶのはマイナス効果やリスクのほうが大きいと言えるでしょう。

 

農水省元事務次官「川崎の事件見て息子も危害加えるかも」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190603/k10011939001000.html

農林水産省の元事務次官の76歳の父親が44歳の長男を刺したとして逮捕された事件で、父親は先週、川崎市で男が小学生らを殺傷した事件を受けて「川崎の事件を見ていて、自分の息子も周りに危害を加えるかもしれないと不安に思った」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材でわかりました。


以下、ネットの反応

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!