新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

事実上の年金制度破綻、金融庁の「老後に2000万円必要」が波紋!麻生大臣「100まで⽣きる前提で計算したことある?」

*年金
事実上の年金破綻宣言だとして、政府発表の試算結果が物議を醸しています。

6月3日に金融庁の金融審議会は計画的な資産形成を促す報告書をまとめ、その中で「95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要になる」と言及。年金制度だけでは限界があるとして、国民に老後用の資産を蓄えるように呼び掛けています。
しかも、少子高齢化で年金の給付水準の調整が予想され、「今後不足額はさらに拡大する」と報告書にまとめられていました。

この報告書について麻生太郎財務相は記者会見で「100まで⽣きる前提で退職⾦って計算してみたことあるか?普通の⼈はないよ。そういったことを考えて、きちんとしたものを今のうちから考えておかないかんのですよ」と述べ、100歳まで生きる前提で計算した数字で問題はないと強調。
寿命が変化したことで、必要になった金額だと発言していました。

一方で、国民からは「年金破綻宣言だ」「だったら年金返せ」「ねずみ講と同じ詐欺」などと批判の声が殺到し、ネット上では怒りのコメントが飛び交っています。国家規模の詐欺行為とも言われているほどで、年金の支払い中止を呼び掛けるような過激な意見もありました。

 

人生100年、年金頼み限界 金融庁試算「貯蓄2000万円必要」
https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019060402000080.html

金融庁の金融審議会は三日、長寿化による「人生百年時代」に備え、計画的な資産形成を促す報告書をまとめた。年金だけでは老後の資金を賄えず、九十五歳まで生きるには夫婦で二千万円の蓄えが必要になると試算。現役期とリタイア前後、高齢期といった人生の段階別に資産運用、管理の心構えを説いた。少子高齢化による公的年金制度の限界を政府自ら認め、国民の自助努力を求めた形だ。ただ投資には元本割れリスクもあり、金融商品の慎重な選別が必要となる。


●以下、ネットの反応


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!