新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【異常気象】26年ぶりの冷夏、日照不足で野菜の収穫量が大幅減も!東京都心は8日連続で25度以下に・・・


26年ぶりとなる記録的な冷夏が襲来しています。
東京都心の最高気温は8日連続で25℃以下となり、平成5年以来の涼しさとなりました。この影響で日照不足も多発し、きゅうりの収穫量が大幅に減少。他にも多くの夏野菜が悪影響を受けている状態で、しばらくはこの天候が続くことになると予想されています。

気象庁によると、東日本と北日本の太平洋側を中心に北寄りの冷たく湿った空気が流れ込み、来週の20日頃までは平年以下の涼しい気温になるとのことです。20日以降は東日本の太平洋側で晴れの日が増え、平年並みの気温に戻ります。

冷夏の背景には地球規模の異常気象もあると見られ、北極や南極の冷気が徐々に拡大しているのが不気味だと言えるでしょう。

 

梅雨寒続く 東京都心は8日連続で25度下回る 平成5年以来
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190713/k10011992111000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

東日本と北日本の太平洋側で、先月末から日照時間が少なく気温が低い、いわゆる梅雨寒が続いています。東京の都心では、12日まで8日連続で最高気温が25度を下回り、7月としては全国的に冷夏となった平成5年以来の記録となりました。

きゅうりの収穫量が大幅減 日照不足の影響で 群馬
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190713/k10011991741000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

農業が盛んな群馬県みなかみ町では、日照不足の影響で、きゅうりの収穫量が例年と比べて大幅に減る影響が出ていて、農家からは梅雨明けを待ち望む声が上がっています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!