ヘッドライン

ロシアの軍施設で爆発事故、原因は新型原子力ミサイルの実験だった!放射線量の上昇も!「射程は通常の数倍」


8月8日にロシア北部アルハンゲリスク州沖の軍施設で大規模な爆発事故が発生し、施設で働いていた原子力科学者5人が死亡しました。
この事故を巡って様々な情報が飛び交っていましたが、国営原子力企業ロスアトム傘下の研究開発機関幹部は放射性物質を使った新型原子力ミサイルの実験を行っていたとコメント。

12日の記者会見でロスアトムのアレクセイ・リハチョフ最高経営責任者(CEO)は「新たな特殊装置の実験中に悲劇的な死を遂げた」と述べ、北極圏に近い軍事施設で「同位元素動力源」を使ったミサイルエンジンの実験中に爆発事故が発生したと発表しました。
この原子力ミサイルは通常のミサイルよりも推進力があり、射程距離も数倍から10倍程度に増えるとしています。

ただ、放射性物質を取り扱っていることから非常にリスクが高く、危険なミサイルとしてロシア以外の国では研究すらあまり進んでいません。

事故現場では放射線量が一時上昇していましたが、現在は平常値に戻っています。

 

ロシアのミサイル実験中の爆発事故、放射性物質を使った動力源が関与
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-13/PW5VFC6TTDS101

ロシア北部アルハンゲリスク州沖の白海の軍施設で8日、ミサイル実験中に起きた爆発事故を巡り、国営原子力企業ロスアトム傘下の研究開発機関幹部は、放射性物質を使った小規模な動力源が関わっていたことを明らかにした。同事故では従業員の原子力科学者5人が死亡した。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    プーチン大統領はフルシチョフ首相よりおろかだったのか?
    原子力推進軍用機を却下したフルシチョフ首相。
    原子力推進巡航ミサイルの開発実験を許容したプーチン大統領。
    それともメドヴェージェフ首相が??? 核がらみはプーチン大統領が最終決定しているはずだよね。

  • 匿名 より:

    核開発なんてオワコンだと思うんだけどねぇ
    なんでロシアが未だにこんなこと続けてるのか、理解に苦しむ

  • 匿名 より:

    そういうときにこそ
    国民保護の警報出せや

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next