新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

桜を見る会、夕食会は1万1000円!会費5000円で差額は?安倍首相に公職選挙法違反の恐れ ホテル「5000円は出来ない」

*官邸
安倍首相が主催している「桜を見る会」の食事会について、不自然な差額が発生していると野党が追求しています。
差額が発生しているのは会場となっているホテルニューオータニでの夕食会で、安倍首相の後援会は夕食会の費用を5000円に設定していましたが、実際には1万円以上の最低金額が定められていることが発覚。
野党の立憲民主党がホテルに確認したところ、「だいたい1万5000円から2万円。立食で150人の場合は1万1000円」との回答がありました。

また、5000円程度で提供している夕食会はホテルニューオータニに存在すらしていないとして、この差額を何で補填したのかを巡って論争となっています。

仮に安倍晋三首相の事務所が差額を支援していた場合、公職選挙法違反になる可能性が高いです。ホテル側が自主的に特別価格を提供したという形ならばセーフかもしれませんが、ホテルの回答的にそのようなサービスの存在も無いと見られています。

 

桜を見る会夕食会、最低1万円超 立憲「ホテルに確認」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111400675&g=pol

立憲民主党の安住淳国対委員長は14日昼の野党共同会派会合で、安倍晋三首相の後援会が首相主催「桜を見る会」の夕食会の会費を5000円に設定したとされることに関し、立憲が会場となった東京都内のホテルに確認したところ「だいたい1万5000円から2万円。立食で150人の場合は1万1000円」と回答されたと明らかにした。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!