新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【深刻】2019年の出生数が激減、5.6%減の67万人に!1月~9月の統計 統計開始後で過去最小となる恐れ・・・


少子高齢化が加速していることが分かりました。
11月26日に厚生労働省が発表した人口動態統計(速報)によると、今年1月から9月に生まれた赤ちゃんの数が67万3800人となり、前年同期比でマイナス5.6%を記録したとのことです。
この数字は統計を開始してから過去最悪の水準で、このままだと2019年は100万人の大台を大きく割り込み、90万人以下になると予想されています。

年間の出生数がゼロという自治体も出現しており、政府の予想を超える速度で少子高齢化が悪化していることがデータで示されたと言えるでしょう。

 

厚生労働省 人口統計
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2019/dl/201909.pdf

19年の出生数が急減 1~9月、5.6%減の67万人
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52631090W9A121C1EE8000/

少子化のペースが加速している。厚生労働省が26日発表した人口動態統計(速報)によると、1~9月に生まれた子どもの数は67万3800人と前年同期に比べ5.6%減った。年間の出生数が5%を上回る減少となったのは直近では1989年。2019年は30年ぶりの大幅減となる可能性がある。政府は土曜日の共同保育の推進など少子化対策の拡充を急ぐが、人口減に歯止めをかけるのは簡単ではない。
速報値には日本人に加え、日本生まれの外国人や海外生まれの日本人も含む。日本生まれの日本人に限ると、出生数は速報値よりも年間で3万人程度少なくなる。

 

 


●管理人コメント
この状態を改善するためには、子供を産んだお母さんを対象にして、政府が一人あたり1000万円規模の子供手当てを配るくらいしかありません。付け焼き刃のちょっとした子育て支援では意味が無く、やるのならば大規模な財政出動を政府がする必要があります。

ただ、肝心の政府からはあまりやる気を感じられず、多くの政治家は選挙の票目当てに少し騒いでいる程度の印象しかないです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!