新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府が馬毛島を約160億円で買収!米軍訓練用の拠点に利用、空母艦載機の離着陸場所に!「やっと決着が」

*馬毛島
日本政府がアメリカ軍の空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の実施候補地である馬毛島(鹿児島県西之表市)を約160億円で買収することになりました。
馬毛島は鹿児島県西之表市にある島で、種子島の西約12キロに位置する約8平方キロの無人島となっています。

空母艦載機の騒音問題から現在は硫黄島(東京都)で暫定的に実施している空母艦載機離着陸訓練を馬毛島に移動するとして、自衛隊とアメリカ軍が共同で使用できる施設を整備する予定です。

当初の見積もり価格は約45億円でしたが、開発会社側の要望もあって整備費が増大し、最終的には約160億円で合意となりました。

防衛省は土地価格を約45億円と鑑定したが、開発会社側は滑走路を整備したことなどを理由に数百億円規模を要求

防衛省は土地価格を約45億円と鑑定したが、開発会社側は滑走路を整備したことなどを理由に数百億円規模を要求

 

政府、馬毛島を約160億円で買収 米軍訓練を移転
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00000629-san-pol

米軍空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の実施候補地の馬毛島(鹿児島県西之表市)について、政府と地権者側が29日、約160億円の売買契約を結んだことが、複数の政府関係者らへの取材で分かった。FCLPを実施するほか、自衛隊施設も整備し、中国の海洋進出を念頭に置いた南西防衛の拠点とする方針。

防衛省 馬毛島買収で島の大半を所有する開発会社と一定合意
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191130/k10012196881000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

在日アメリカ軍の空母艦載機の訓練の移転先として買収を予定している鹿児島県の馬毛島をめぐり、防衛省は島の大半を所有する開発会社との間でおよそ160億円で買収することで、一定の合意に達しました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!