新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

1500億円の新国立競技場が遂に完成!36カ月の工期が終了 ネットの評判は?「高い割に地味」「便座カバー」

*新国立競技場
11月30日に東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場が完成しました。

新国立競技場はザハ・ハディド氏の建設案の白紙撤回などでドタバタしていましたが、最終的には現在の案で1569億円の費用を掛けて完成に到達。36カ月の工期が終了し、観客用の約6万席も整備が終わったと発表されています。

公開された新国立競技場を見てみると、全体的に木材を意識した構造となっており、会場の周囲にも多数の街路樹が並んでいました。

ネット上では「値段の割に地味」「まるで便座カバー」「もっと安くできたのでは?」と様々な意見が相次いでいますが、全体的に好意的な意見は少ない感じです。東京オリンピックの不祥事や問題もあり、国民の反応的にモヤッとしている感想が多数となっていました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!