ヘッドライン

【悲報】市販品類似薬を保険対象外に!医療費抑制で政府が新方針 湿布薬や花粉症治療薬なども公的保険から除外


政府が市販品類似薬(市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬)を公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入ったことが分かりました。

報道記事によると、これは全世代型社会保障改革の一環として行われる政策で、「医療保険財政を圧迫する要因になっている」として、風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、皮膚保湿剤、漢方薬などの軽症薬は全て公的医療保険の適応範囲から外すとのことです。

報道だと適応範囲から除外する理由の一つとして、「薬を市販品より安く入手するために患者が病院で受診するケースは多く、かねて過剰な受診を招く要因になっている」と言及されていますが、それ以上に大多数の国民生活や貧しい人々を直撃する可能性の方が高いと見られています。

また、同時に高齢者の窓口負担も2割に引き上げる方針で、医療費抑制や社会保障のカットが本格化してきたと言えるでしょう。

国民からは怒りや不満の声が相次ぎ、対象となる人も多いだけに物議を醸しています。

先の参議院選挙で政府与党は「増税分の税収は全て社会保障などに使う」と宣言していましたが、本当に使われたのかどうかに関しても精査が必要になりそうです。

 

市販類似薬は保険対象外 病院処方の風邪薬など 医療費抑制へ政府調整
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000501-san-soci

 政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入った。市販品は全額患者負担だが、病院で処方箋をもらって薬を購入する場合、自己負担は1~3割で、残りは税金や保険料から賄われる。政府は自己負担を引き上げることで医療費抑制につなげたい考えだ。

全世代型社会保障検討会議
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201911/26zensedai.html

具体的には、70歳までの就業機会確保の法案の早期提出を図るとともに、中小企業の負担感や生産性向上に配慮しつつ、厚生年金の適用範囲をどうするか。また、医療などの分野を含めて、年末の中間報告や、さらに、来年夏の最終報告に向けて、具体的な調整を進めていく必要があります。
西村全世代型社会保障改革担当大臣を中心に、加藤厚生労働大臣など関係大臣は、本日いただいた御意見を踏まえつつ、与党との調整も十分に図りつつ、とりまとめに向けて、具体的な検討を進めていただくようにお願いいたします。

 

関連過去記事

75歳以上の医療費、窓口負担を2倍に引き上げ!原則1割から2割に!令和4年度から実施へ 増税の税収は?
https://johosokuhou.com/2019/11/30/21435/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • これが自民党政治 より:

    始まりました。FTAまで締結されればこんなものじゃ済みませんよ。全世代型社会保障改革詐欺。これが、多くの国民が自民党を支持してきた?ツケです。弱者はみな殺されます

  • 匿名 より:

    票の為の膨大な垂れ流しムダ使いや軍事費の急激な増大に言い値で買い取りや思い遣りに継ぎ込み続ける巨額費用に海外への大盤振る舞いの数々、こういう所をこれっぽちも削らずに、よくまあ国民にはチマチマと次から次へと、削る削る、悪意を感じる程だ。こんな風にして国民の首を真綿で締め付け続ければ、やがて弱って行くのは不可避。こんな酷い政治を受け入れられるとは、思考停止もいい所だ。

  • 日米貿易協定を阻止せよ! より:

    全世代型社会保障という名前こそ詐欺自民党の手口。自民党ら弱者切り捨てを企む勢力は、社会保障削減を正当化させる為に、世代間対立を煽る。高齢者福祉の削減も、若者の負担軽減の為に必要だなどと言い、さも若者の為であるかの様に思わせようとする。社会保障を受ける人達を悪い存在であるかのように扱うという卑劣なやり方。
    生活保護削減でも、不正受給の話を大々的に強調したり、ネトサポを使って「生活保護受給者はパチンコやタバコが大好き」などという根拠の無い話を広めて生活保護を攻撃し、削減を正当化。
    ネットの各所に、「自民党社会保障削減正当化部隊」が湧いてる。奴らの嘘を暴け。社会保障削減で得するのは、大企業減税で喜ぶ財界や、アベのオトモダチだけだ。
     
    工作部隊の中には、露骨な政府擁護なのを誤魔化す為に、「医療費削減は良い事だが、~があって政府はダメだ」みたいな書き込みをするのも居る。こんなのも見過ごすな。社会保障削減を肯定してる地点で、支配勢力側の手先なのは明らか。
    「国民に負担させるなら議員定数削減などで政治家が身を切れ」という手の話も怪しい。「国民に負担させるなら~」という事ではなく、国民に負担を強いる事自体が悪だ。それに、定数削減は政治家が身を切る事ではなく、既成政党、特に自民党みたいな大政党が政治を独占する状況をより強める物だ。定数を減らせ身を切れと言う輩は、それが国民の為になる事である様に言うが、実際は真逆だ。新規参入し易い政治にし、自民党みたいな悪党を退治し易くする為にも、寧ろ定数をドガンと増やせ。

  • 匿名 より:

    テレビで散々、社会保障が心配ですね!だから消費税を増税しましょうキャンペーンを大々的に展開していましたけど。
    【悲報】市販品類似薬を保険対象外に!医療費抑制で政府が新方針 湿布薬や花粉症治療薬なども公的保険から除外
    からの~
    【なんでやねん!】増税避け法人税減税を検討へ 自公税調の議論スタート
    自民、公明両党の税制調査会は21日、それぞれ総会を開いて2020年度税制改正に向けた議論を本格スタートさせた。
     ・・・もうこれ、国家がやってるオレオレ詐欺だよな(苦笑
     
    で、極めつけは↓これだよな。
    11月29日の記者会見で衛藤消費者担当相は「私は個人的に言えば、誰と誰と会いましたよと名刺を出すような方は、何かちょっとおかしいかなと思うんですけど」「私としては最初からそのような方はむしろ要注意だと思って普段から接しています」と述べ、
    安倍首相との関係を宣伝していたジャパンライフ元会長の言葉を信じた被害者にも疑問があると指摘。
    安倍首相を批判するよりも、逆に被害者への違和感や批判を長く語っていました。
     
    もうスゲーよ、日本って言う国が↑この一言に凝縮されているわな(笑

  • 匿名 より:

    >「医療保険財政を圧迫する要因になっている」

    一番の財政圧迫要因は、高所得者の高額医療負担にまで医療保険で負担している事に尽きるだろう。

    一億円以上の年間所得のあるものが、自己負担部分など気にせずに医療行為を受けたなら、あっという間に、財政破綻など当たり前であろう。

    一億円以上の年間所得のあるものに対しては、一定金額を越えた段階で全額自己負担とすべきである。

    上級国民だけを優遇する安倍政権は、一般庶民の敵である。

  • 匿名 より:

    安倍政府は消費税は社会保障に多くを廻すと言いながら上げたとたん逆に削る方針
    そんなに友達 親類縁者が可愛いのか 早く政治家辞めてほしい
    反発する人には圧をかけて切れる 北が言うように歴史上最低な奴

  • 匿名 より:

    アレルギー対策薬が適用外になる結果
    アレルギー性鼻炎を起因とした後鼻漏、万年咳、気管支炎、風邪、肺炎、体力低下、意識低下、意欲低下、鬱等々の症状を訴える人々が爆増し・・・
    ってな事になって余計に医療費かかる可能性もあると思うんだがな

  • 匿名 より:

    太郎が言っていた。
    「消費税上げて、一体いくらが社会保障に使われたか?
    わずか16%ですよ!」
    こんなの詐欺だ。
    しかし、あいも変わらず50%の国民が棄権。
    与党への投票は、20〜25%,
    残りの票は、各野党に分かれて入る。
    だから勝てない。
    そして国民は、生活が苦しいという愚痴はいうけれど、政治には無関心・・・どころか、政治活動をする人に向かって罵ったり、冷やかしたり。
    そういう無関心や冷笑主義が日本を腐らせるのだ。
    日本人は、いわば、自分で自分の首を締めてきたのだ。
    変えよう、変えていこう、日本と日本人の意識を!

  • 匿名 より:

    国としてダメージは少ないとか思ってるんだろうな。国が補助すべきお金の一部を国民に払わせる。国としては削減できたと。
    国民の経済活動とかを無視した様な政策。
    これが今の政府の思考。というか嗜好。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next