ヘッドライン

小笠原諸島の西之島、噴火確認で警戒範囲を拡大!溶岩が海まで到達 島の2.5キロに注意喚起


小笠原諸島の西之島で規模の大きな噴火が観測され、気象庁や海上保安庁が注意喚起を発表しました。

気象庁によると、海上保安庁が12月15日に行った上空からの調査で、新たに北側の火口からも溶岩が流れ出し、海に達しているのが確認されたとのことです。これを受けて気象庁は警戒が必要な範囲をこれまでの1.5キロから2.5キロに拡大すると発表。
島の北側は海底が浅いこともあり、今後も溶岩の流出範囲が広がるおそれがあるとしています。

西之島では2013年に大規模な噴火が発生し、それから大量の溶岩で島の面積が拡大知していました。西之島の生態系は世界的に貴重な資料だと言われ、一時期は学者たちが上陸して島の状態を調査していた場所でもあります。
今回の噴火で島の生態系が再びリセットとなる可能性があり、今後の変化に注目したいところです。

 

気象庁資料 西之島
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/19m12/201912161830_326.pdf

西之島 噴火で溶岩流出 警戒範囲を2.5kmに拡大
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191216/k10012216911000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

今月初め、再び噴火しているのが確認された小笠原諸島の無人島「西之島」について気象庁は溶岩の流出範囲が広がっているとして、警戒が必要な範囲をこれまでの1.5キロから2.5キロに拡大しました。気象庁と海上保安庁は付近を航行する船舶に対して引き続き警戒を呼びかけています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next