新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

イランのロウハニ大統領が安倍首相と会談!自衛隊の中東派遣に理解、欧州では反安倍デモ!「独裁者と会談するな」

*官邸
12月20日にイランのロウハニ大統領と安倍晋三首相が官邸で会談しました。
会談では安倍首相から自衛隊の中東派遣について説明があり、ロウハニ大統領も「日本が、みずからのイニシアチブにより、航行の安全確保に貢献する意図は理解している。透明性をもって説明していることを評価する」と述べ、日本の行動に理解を示したと報じられています。

その上で、ロウハニ大統領からも中東の航路を守るための独自構想の話が提案され、安倍首相も「域内諸国の参加を得て、緊張緩和に資する取り組みになることを期待したい」とコメントしていました。

会談は最後までお互いに良い感じでやり取りが出来たようで、あまり悪い話は無かったと見られています。

一方で、欧州だとロウハニ大統領との会談に反発する動きが相次ぎ、反安倍を掲げる抗議デモが発生。デモを行ったのは「イラン国民抵抗評議会(NCRI)」で、主催者は「ロウハニは独裁者だ。会談が取りやめられないなら、安倍氏は人権侵害を会談で明確に批判すべきだ」などと主張していました。

欧米はイランと対立していることもあって、今回の首脳会談には否定的な意見が多いです。日本としては微妙な立ち位置になっている感じだと言え、今後も難しい舵取りを迫られることになるでしょう。

↓会談の様子


 

日イラン首脳会談 首相が自衛隊派遣を説明 大統領は「評価」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191220/k10012223211000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

安倍総理大臣は、イランのロウハニ大統領と20日夜会談し、日本に関係する船舶の安全確保に向けた情報収集態勢を強化するため、中東地域への自衛隊派遣の具体的な検討状況を説明しました。ロウハニ大統領は、「日本の意図は理解しており、透明性をもって説明していることを評価する」と述べました。

安倍首相は「恥を知れ」 イラン大統領訪日抗議デモ 独
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00000022-jij-eurp

【ベルリン時事】20日からのロウハニ・イラン大統領の訪日を前に、イラン人が多く在住するベルリンの日本大使館前で19日、イラン反政府団体が抗議デモを行った。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!