新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

厚生労働省が緊急記者会見、不要不急な外出を控えるように注意喚起!「国内感染がさらに進行していく」

2月16日夜に厚生労働省が新型コロナウイルスに関する緊急記者会見を行い、不要不急な外出を控えるように呼び掛けました。

記者会見で加藤厚労相と担当官は「新年会を行うとか送別会を行うとか、今はスカイプとか電話会議で遠隔地から会議も出来るので、不要不急な集まりは避けるように頂きたい」とコメントし、人混みを避けるように要請。

新型コロナウイルスが国内に広がっていることを認めた上で、「国内の感染が発生早期で、さらに進行していくと考えられる」とも述べ、これから新型コロナウイルスの感染が拡大する可能性が極めて高いと強調していました。

会議やイベントのような人が集まる行為に厚生労働省が自粛を呼び掛けた形だと言え、今までよりも1段階上の注意喚起と見ることが出来そうです。
ただ、具体的な強制力を持った政策ではないため、何処まで効果があるのかは未知数で、入試の時期とも合わさって国民からは不安の声が相次いでいました。

 

新ウイルス 国内の感染は「発生早期」感染研所長
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200216/k10012288221000.html

新型コロナウイルスについて、専門家会議の座長を務める国立感染症研究所の脇田隆字所長は、感染経路を特定できない可能性がある感染者が各地で相次いでいることから「国内の感染が発生早期で、さらに進行していくと考えられる」という認識を示し対策を進めていく方針を明らかにしました。

“屋形船で感染拡大か” 新型ウイルス 東京で新たに5人感染
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581857262/

東京都は、東京 大田区の医療機関に勤める男性医師など新たに5人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにしました。医師の同僚の女性看護師が、タクシーの運転手などに感染者が相次いでいる屋形船の新年会に参加して感染したことが確認されていて、都は、医師がいつどこで感染したのかさらに調べています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!