新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】国立がん研究センターで新たに2人の陽性反応!外来・入院ともに患者受け入れ中止 

*国立がん研究センター
国立がん研究センター中央病院で新型コロナウイルスの感染者を新たに2人確認したことが分かりました。

国立がん研究センターによると、新たに感染が確認されたのは看護師1人と医師1人の計2人で、今まで感染が確認された職員2人を含め、計4人の感染者が施設内で確認されたとのことです。
複数の感染者を確認したことから、国立がん研究センターは3月31日から新たな患者の受け入れを全てで停止するとしています。

感染者と同じ施設に勤務していた職員や入院患者らは計158人で、3月30日までに患者39人と職員21人の検査を終えたところです。

 

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(第2報)
https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/information/20200330/index.html

2020年3月31日
国立がん研究センター中央病院

国立がん研究センター中央病院の職員2名の新型コロナウイルスの感染を3月27日に確認し、当該職員と接触のあった患者さん63名と、職員95名、合計158名(注1)を検査対象としPCR検査を進めております。(注1:その後の調査により検査対象を追加しています。)

昨日3月30日時点で、患者さん39名、職員21名の検査を終了し、その結果、患者さんは全て陰性、職員については陰性19名、陽性2名(看護師1名、医師1名)であることを確認しました。

今回、陽性を確認した2名の職員は、看護師1名、医師1名です。看護師は、3月27日に陽性を確認した看護師2名と同じ病棟に勤務しており、医師1名はその病棟に出入りがありました。当該看護師は、当該病棟のみでの勤務で、当該医師は当該病棟への出入りの他に外来と手術を担当していました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!