新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中国が日本にマスク数十万枚を支援、箱には夏目漱石の俳句 「春雨や身をすり寄せて一つ傘」

*中国マスク
中国が日本にマスクの大量支援を行いました。

中国の大連市は友好都市である北九州市に20万枚のマスクを支援し、江蘇省の無錫市新呉区も友好都市の豊川市に5万枚のマスクを提供。

日本に到着した支援マスクが入っているダンボール箱には様々な応援のメッセージが書いてあり、その中でも夏目漱石の俳句「春雨や身をすり寄せて一つ傘(春雨を一緒に傘をさして身を寄せ合って乗り切りましょう)」がネット上で注目を浴びていました。

これは2月に日本が中国に送った支援物資への返礼で、日本と中国が共に力を合わせれば新型コロナウイルスという雨も残り超えることが出来るというような意味合いがあります。
このような中国の対応に「粋なメッセージ」「素晴らしいメッセージ」「凄い教養!」などと称賛の声が相次いでおり、明るい良いニュースとして拡散されていました。

 

今度は769倍返し 中国から「日本がんばれ」マスク
https://www.asahi.com/articles/ASN3Z6WGDN3ZTIPE012.html

一つの傘に身を寄せ合って、春雨を乗り切りましょう。北九州がんばれ! 日本がんばれ!――。こんなメッセージが添えられたマスク20万枚が北九州市に届いた。送り主は友好都市の中国・大連市。2月初めに北九州市が大連市に送った260枚が、「769倍」になって戻ってきた。

“10倍返し” 豊川市に中国からマスク5万枚届く 愛知
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200331/k10012359681000.html

先月、新型コロナウイルスの深刻な感染拡大が続いていた中国の友好都市にマスク4500枚などを送った愛知県豊川市に、今度は感染拡大が落ち着いた中国側からお返しとして、10倍以上となるマスク5万枚が届けられました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!