新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【緊急会見】日本医師会「医療崩壊が起きる恐れが強まっている」日本救急医学会「医療体制の崩壊を実感」


日本医師会が緊急会見を開き、医療崩壊が目前に迫っていると警鐘を鳴らしました。

4月15日の記者会見で日本医師会は「一般の患者も収容できない状態になってきました」「医療崩壊が起きる恐れが強まっている」と述べ、危機的な状況が悪化していると指摘。
N95マスクや防護服などが不足していることから、医療従事者を守ることが出来ず、感染患者に対応できない施設が増えていると強調していました。

また、日本救急医学会も医療崩壊が現在進行系で発生しているとして、「救急医療体制の崩壊を実感している」とのコメントを出しています。
既に多くの医療機関で院内感染が深刻化し、一般の患者経由で医療関係者が感染するケースが続発中です。

中野江古田病院のように病院が丸ごと感染してしまうケースも見られ、病院が感染源となって周囲に広げてしまうことも考えられる状態になっています。

最大の原因は医療従業者を守るための装備が圧倒的に不足していることで、これを改善するためには、政府規模の大規模な支援が必要不可欠だと言えるでしょう。

 

【速報】日本医師会が会見「医療崩壊が起きる可能性強い」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200415-00000042-jnn-soci

日本医師会が会見を行い、医療機関での感染拡大を防ぐ防護服やマスクが不足している現状では、「医療崩壊が起きる可能性が強い」と訴えました。
「N95マスクやフルフェイスシールド不足のため、感染患者に対応できない施設が増えている。医療従事者が感染することで、医療崩壊が起きる可能性が強い」(日本医師会 横倉義武 会長)
日本医師会によりますと、医療機関で不足している防護具はN95マスクやフェイスシールドなどで、政府の支援のもと国内で製造する必要性があるということです。また、緊急事態宣言が出ている地域で行われている休業要請について「対象をさらに広げる必要がある」としています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!