新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ウクライナ軍、高機動ロケット砲システム「ハイマース」を初の実戦使用!アメリカから供与 ロシア軍は東部攻勢続ける


*ハイマートwiki
アメリカがウクライナに提供した高機動ロケット砲システム「通称:ハイマース(HIMARS)」がもう実戦に投入されたことが分かりました。

これはウクライナ国防省が6月25日に発表した情報で、ハイマースで長距離射撃を行っている映像も公開されています。
ロシア軍側もウクライナの攻撃で軍事施設に損害が出たと発表していることから、ウクライナ軍の長距離射撃は確実に成果を出していると見られているところです。

また、アメリカ政府は追加の軍事支援も決定し、ハイマースのような火砲の支援を追加するとしていました。

ウクライナとロシアの火砲は10倍ほどの差があると言われ、火砲の差がそのままウクライナ軍の劣勢に繋がっていると分析されています。
そのため、アメリカやイギリスからの軍事支援も火砲がメインとなり、支援を受けたウクライナが次々に実戦投入しているのです。

東部ルハンスク州のセベロドネツク市はほぼ完全にロシア軍が掌握し、その勢いを維持したままロシア軍は隣接するリシチャンシクにも軍を進めています。
今後はリシチャンシクの攻防が重要になると予想され、各国の軍事援助とロシア軍に残っている体力が戦争全体の行方を左右することになるでしょう。

 

キーウ中心部で爆発、ロシア攻撃か 米高機動砲を実戦投入―ウクライナ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062600095&g=int

 【イスタンブール時事】ウクライナのメディアによると、首都キーウ(キエフ)で26日早朝、4回の爆発があった。クリチコ市長らの説明では、上層階が破壊された集合住宅で救助作業が行われ、負傷者2人が搬送された。がれきの下に人がいるとの情報もある。英BBC放送によれば、通信アプリ「テレグラム」のプーチン政権支持派のチャンネルは、ロシア軍の爆撃によるものだと主張した。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!