新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【遅い】自宅待機を原則無しに!軽症者は宿泊療養へ 相次ぐ死亡報告に方針転換 厚生労働省


4月23日に加藤厚生労働大臣が新型コロナウイルスの感染者について、軽症者はホテルなどの宿泊施設での療養を基本にするとして、自宅療養は推奨しないと表明しました。

今まで厚生労働省は軽症者に限定して自宅療養を呼び掛けていましたが、埼玉県で自宅療養中の男性が死亡するなどの報告が相次ぎ、方針転換を決めたと報じられています。

加藤厚労相は記者会見で「急に容体が変化する可能性もあるため、宿泊施設の方が患者さんの安全にもつながる」と述べ、容態急変に備えて宿泊施設の方が良いと判断したとしていました。

前々から新型コロナウイルスに感染した人は、一気に容態が悪化することが知られていましたが、やっと日本政府もその危険性に気が付いて自宅療養を見直した形だと言えます。
新型コロナウイルスの感染者を収容するための特殊施設やコロナ専用病院の設立も急ぐ必要があり、国が本腰を入れて動かなければ、このまま宿泊施設だけでは限界が来ることになるでしょう。

 

軽症者は宿泊療養に、自宅療養中の男性死亡で方針転換…加藤厚労相
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00050262-yom-pol

 加藤厚生労働相は23日、新型コロナウイルス感染症の軽症者らについて、ホテルなど宿泊施設での療養を基本とすることを記者団に明らかにした。これまで軽症者らの療養場所は自宅も併用されていたが、埼玉県で自宅療養中の男性が死亡し、方針転換した。厚労省は同日中にも都道府県に通知を出す。

 

 

関連過去記事

コロナで自宅待機の男性が死亡、体調の悪化を訴えるも入院させず 埼玉県の自宅待機は349人に!「緊急性無し」
https://johosokuhou.com/2020/04/23/29902/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!