新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【大問題】大阪の集団感染病院、陽性反応の看護師に勤務命令!計122人が感染 「代わりの人が居ない」

*病院HP
新型コロナウイルスの集団感染が発生した大阪市生野区の「なみはやリハビリテーション病院」で、陽性反応となった看護師に勤務命令が出ていたことが分かりました。

ABCテレビによると、病院側は女性看護師がPCR検査で陽性反応と判明した後も、4月20日から翌朝まで勤務を続けさせていたとのことです。この女性看護師は保健所の指導で帰宅となりましたが、それまで複数の人と接触していたと見られています。

なみはやリハビリテーション病院の感染者数は計122人で、今回の勤務命令について「代わりの人を手配しようとしたが、見つからないのでやむなく働かせた」などと弁明し、やむを得ない対応だったとしていました。
同僚の看護師からも「私、そのことがあり得ないと思って。上司から『陽性の人と勤務して下さい』と、はっきり言われた」というようなコメントがあるほどで、極めて危険な環境で労働を続けさせていたと見られています。

最近は医師不足から新型コロナウイルスの検査を受けないまま作業をしている病院もあると言われていますが、このような報道を見ると、それも真実なのかもしれないと感じるところです。

 

【独自】陽性の看護師に勤務命じる 「代わりの人がいなかった」集団感染の大阪の病院
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00026008-asahibcv-l27

大阪市生野区の「なみはやリハビリテーション病院」では、22日までに医療従事者や患者ら、あわせて122人の感染が確認されています。大阪市保健所によりますと、この病院は、女性看護師がPCR検査で陽性と判明した後も、20日から翌日朝まで勤務を続けさせていたことがわかりました。女性看護師はその後、保健所からの指導で帰宅したということです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!