新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナで中国に損害賠償請求、現時点で8カ国が計5300兆円を要求!中国の研究所が発生源と米国政府高官も


*中国
新型コロナウイルスについて、中国に損害賠償をする動きが加速しています。

海外メディアの記事によると、4月29日の時点でアメリカやイギリス、イタリア、ドイツ、エジプト、インドなどの8ヶ国の政府や民間機関から中国政府に賠償を求める訴訟が起きており、賠償額の合計は約49兆5000億米ドル(約5300兆円)に達するとのことです。

アメリカのポンペオ国務長官は記者会見で、中国の研究所から新型コロナウイルスが漏れた可能性が高いと指摘し、「今でも中国では複数の研究所でウイルスの研究が進んでいる」とコメント。トランプ大統領も会見で中国を批判しており、中国への反発が徐々に強まっています。

一方で、中国側は「研究所と新型コロナウイルスの関係はない」と反発している状態で、新型コロナウイルスの発生源を巡って各国で論争が起きているところです。

 

中国への賠償請求、合計額はなんと1京円超え!中国GDPの7年分
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/recordchina/world/recordchina-RC_799450

2020年4月29日、仏国際放送局RFIは、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、現時点で少なくとも8カ国が訴訟を起こしていると報じた。
記事は、香港経済日報の29日付報道を引用。現在、米国、英国、イタリア、ドイツ、エジプト、インド、ナイジェリア、オーストラリアの8カ国の政府や民間機関が、新型コロナウイルスの感染拡大を招き、自国に大きな被害をもたらしたとして、中国政府に賠償を求める訴訟を起こしていると紹介。「外国による中国への賠償請求を『100国連合』と形容する人もいるが、あながち言い過ぎではないだろう」と伝えた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!