新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

厚生労働省がPCR検査の新たな目安を発表!37.5℃以上は削除 「息苦しさや高熱などの強い症状がある場合」


*厚生労働省
5月8日に厚生労働省が新型コロナウイルスのPCR検査に必要な目安の見直し内容を発表しました。

問題となっていた「37・5℃以上の発熱」は削除され、新たな目安として「息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合」と記載。重症化のリスクが高い高齢者や基礎疾患を持っている人は「発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合」となり、発熱の具体的な数値は無くなりました。

前と比べて全体的に曖昧な表現が目立つと言え、保健所や行政側が恣意的な判断でPCR検査を拒否することも出来るような内容だと言えるでしょう。

発熱やせきのような症状があれば検査対象になる可能性もありますが、新型コロナウイルスの感染者の多くは無症状であることを考えると、無症状も視野に入れて誰でも検査を受けることが出来るようにするべきです。

 

PCR検査相談目安見直し「37度5分以上」表記なくす 厚労省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200508/k10012423041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

新型コロナウイルスのPCR検査に向けた相談の目安について、厚生労働省は、「37度5分以上の発熱が4日以上」とした表現を見直し、さきほど、新たな目安を公表しました。
新たな目安では「37度5分以上」という具体的な表記はなくなり、
▽「息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合」や
▽「高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合」は、すぐに相談するよう呼びかけています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!