新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府基準以上の感染状況でも宣言解除、北海道では賛否両論 「何を根拠にしているのか」「不安が残る」

*北海道
5月25日に政府が緊急事態宣言を解除することになりましたが、その基準を巡って賛否両論となっています。

北海道では5月24日も新たに15人の感染者が確認され、政府の基準を超える水準で感染が継続していました。政府の諮問委員会で緊急事態宣言の解除が認められたのは北海道、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の5都道県です。
県をまたぐような移動やイベントは引き続き自粛するように求めていますが、それでも基準を超えた場所で緊急事態宣言を再び出すというような話はありません。

北海道だと政府基準を超えていることから、道民からも不安の声が相次いでいると報じられています。

前回に北海道独自の緊急事態宣言を発表するも、その後にしばらくしてから感染者数が再び増加に転じたことがありました。
同じようなことが日本全体で発生する懸念があり、緊急事態宣言の解除を巡って賛否両論になっているところです。

 

政府基準満たさずも…北海道も緊急事態宣言”解除” 「よかった&まだ早い 」複雑な北海道民
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e72b90e45614c8d04f3d766b9e158f1924ba603

一方で北海道では5月24日、15人の新たな感染者が確認されるなど、政府が示す”解除の目安”を満たしていませんが、諮問委員会では、今後も引き続き感染状況の調査、分析を行うよう指摘されたということです。
北海道民:「やっと終わってくれたなという感じがする。(解除は)良かったんじゃないかと思うけど、油断はできない」
「私個人としてはまだ早いかな。経済の面もあるから痛しかゆしのところはある」

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!