新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】小中学校の夏休み、最短で9日間に短縮へ 修学旅行や運動会も中止案 真夏の授業で熱中症の恐れ


小中学校の夏休みが大幅に短縮される見通しとなっていることが分かりました。

茨城県では公立小中学校の夏休みが最短で9日間となり、私立高校に関しては8日間となる学校もあると発表されています。夏休みの期間は地域によって大きな差が見られ、長い場所だと20~30日間ほど確保していました。
京都市は夏休みの期間として8月1~23日の23日間を定めており、その分を1日あたりの授業時間を増やすなどして対応しているところです。

夏休みが短縮されることで真夏の猛暑による熱中症が懸念されていますが、猛暑対策は冷暖房設備に頼っている部分が多く、冷房が整っていない学校だと致命的な問題になっています。

他にも運動会や修学旅行のようなイベント系は殆どが中止となる見通しで、保護者からは子供たちへの影響を懸念する声が相次いでいました。

日本以外の諸外国だとオンライン授業を整備し、学校に行かなくても授業が受けれる体制を整えているだけに、夏休みを短縮してまで授業時間を強引に確保する必要性はあるのかと強い疑問を感じると言えるでしょう。

 

夏休み 茨城の公立小中校は最短9日間 私立高は8日間も
https://mainichi.jp/articles/20200715/k00/00m/040/014000c

夏休み期間、地域でバラバラ 最短14日間、最長は28日間 学習遅れ取り戻し方で差
https://news.yahoo.co.jp/articles/32eaac3a570c5312b7c8001b9f6d4fc8c118e51e

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!