新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【これは酷い】横浜市が水道料金を値上げへ 2021年4月から最大12%、県ではコロナ軽減処置を行うが・・・


横浜市が水道料金を2021年4月から値上げすると発表した件が波紋を広げています。

水道料金の値上げそのものは前々から示唆されていましたが、市は新型コロナウイルスの流行に注目が集まっている今年3月に水道料金の値上げを正式発表しました。
値上げ幅は現在の10~12%ほどで、利用者数が多い世帯だと月170~200円ほどの値上げとなる見通しです。

突然の値上げ発表に市民は騒然となり、県が新型コロナ経済対策の一環として水道料金の軽減策を出していたこともあって、「何でこの時期なんだ!」「新型コロナウイルスに隠れてやったようにしか思えない」「命に繋がる水は値上げするべきではない」というような批判意見が殺到しています。

毎日新聞の記事には市の担当者のコメントが掲載されていましたが、そこには値上げの理由として、「このままでは水道設備の更新にかかる費用を賄えない」と書いてありました。

元々、水道は国民の命に直することから、行政が利益面を無視して管理運営するように決められています。
それなのに横浜市は水道設備の利益性を重視して値上げを決めてしまったわけで、値上げの理由があまりにも論外だと言えるでしょう。

安倍政権が推進している水道局の民営化にも繋がる話であり、引き続き水道事業の行方を注目したいところです。

 

横浜市 水道料金
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/suido-gesui/suido/rekishi/ayumi.html

横浜市民「なぜコロナ下で水道を値上げ?」 市の方針に疑問の声
https://news.yahoo.co.jp/articles/30bb524d5c87213f989dde4675dcf03ee89f91fd

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!