新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

菅首相が臨時会見、緊急事態宣言の再発令を表明!一律給付金は無し・時短は20時まで・スポーツ観戦などで入場制限・特措法改正で罰則


*官邸
1月7日夕方に菅義偉首相が臨時会見を行い、緊急事態宣言の再発例を表明しました。

記者会見で菅首相は1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)を対象にして緊急事態宣言を発令すると言及し、対象の自治体では夜8時までの営業時間短縮要請を行うと発表。
合わせてスポーツ観戦やコンサートの入場者数を5000人まで制限した上で、観光支援のGotoトラベルも一時停止の期間を延長すると明らかにしました。

テレワーク推進で出勤者数の7割減を目指すとしており、小中学校や高校、大学、幼稚園、保育園について休校・休園は要請しないとしています。

今後の方針としては通常国会で新型コロナウイルス特措法の改正案を提出、それに罰則などの強制力を盛り込み、来月には成立を実現するとしていました。

そして、来月下旬には新型コロナウイルスのワクチン接種を全国各地で本格的にスタートさせ、緊急事態宣言の終了とセットで新型コロナウイルスを抑え込むと菅首相は強調しています。

国民からの要望が多かった一律給付金の実施は否定していたことから、支援金は飲食店をメインとした協力金程度となりそうです。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!