新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東北新社元社長、菅義偉首相が代表の自民党支部に献金!国会説明では「完全に別人格」「プライバシーに関わる」として無視


菅義偉首相の長男が総務省の幹部と接待をしていたと指摘を受けている問題で、長男が勤務している放送事業会社「東北新社」の元社長から計250万円の献金が菅首相側に流れていたことが分かりました。

これは共同通信社が報道した情報で、菅首相が代表を務める「自民党神奈川県第2選挙区支部」に2014年から2018年の期間に、東北新社の社長だった故植村徹氏から計250万円の資金提供があったと報じられています。

先週の衆議院予算委員会で菅首相は「わたしの親族であるとはいえ、公的立場にない」「本人や家族の名誉やプライバシーに関わることであり、このような場でお答えすべきことではない」と答弁し、接待疑惑への言及を避けていました。

衛星放送の許認可権を持つ総務省と東北新社は利害関係の位置にあるわけで、一連の報告が事実だとすれば、菅首相が一族ぐるみで東北新社に関わっていたと見ることも出来そうです。

 

東北新社元社長、菅首相側に献金 長男勤務の放送事業会社
https://this.kiji.is/731803800959025152

菅義偉首相の長男による総務省幹部の接待問題で、首相が代表を務める「自民党神奈川県第2選挙区支部」が2014~18年、長男が勤務する放送事業会社「東北新社」の当時の社長から計250万円の献金を受けていたことが9日、政治資金収支報告書で分かった。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!