新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

尾身会長VS菅政権、五輪開催を巡って意見対立!尾身会長「IOCにも日本の感染状況を伝える」丸川五輪相「大会の延期は困難」


東京オリンピックの開催を巡って、分科会の尾身会長と菅政権で激しい意見の衝突が続いています。

尾身会長は6月8日の参議院厚生労働委員会で「IOCにも日本の状況を知ってもらい、理解してもらうことが大事だ」と述べ、IOC(国際オリンピック委員会)に日本の感染状況を説明するように提案しました。
また、日本政府が責任を持って国民や関係団体に説明するべきだとして、政府に今まで以上の対応を実施するように求めています。

先週に続いて日本政府にコロナ対策を強化するように求めた形ですが、これに菅政権は「言い過ぎだ」として反発。

海外メディアが五輪延期の記事を報道したことにも丸川五輪担当相は「延期はかなり難しいというのが私の今の実感だ」などとコメントしていました。
菅政権が尾身会長を除外する方向で動き出したとの情報もありますが、それほどまでに菅政権と尾身会長の間で意見の対立が激化していることを示しているのだと思われます。

 

尾身会長「感染リスクの専門家の見解 IOCにも伝達を」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210608/k10013073521000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、政府の分科会の尾身会長は、参議院厚生労働委員会で、感染リスクなどに関する専門家としての見解を、関係者を通じてIOC=国際オリンピック委員会にも伝えたいという考えを示しました。
東京大会をめぐり、政府の分科会の尾身会長は、感染症の専門家として、新型コロナウイルスの感染リスクなどに関する見解を関係者に伝えたいという意向を示しています。

丸川五輪相「東京大会の延期は困難」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210608/k10013073341000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

東京オリンピック・パラリンピックについて、丸川担当大臣は閣議のあとの記者会見で、日程を変更した場合、会場や宿泊先の確保が難しくなるなどとして、大会の延期は困難だという認識を示しました。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!