新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

朝日新聞社「フェイクニュースが飛び交う今、新聞の役割は増している」「来月から購読料を月4400円に引き上げ」


*朝日新聞社
朝日新聞社は7月1日から朝夕刊月の購読料を現在の4037円(消費税込み)から4400円に引き上げると発表しました。

消費税以外での購読料の引き上げは1993年以来で、27年ぶりの価格改定となっています。

今回の価格改定について朝日新聞社は「当社も長年の経営努力が限界に達し、ご負担をお願いせざるを得ないと判断しました。ネット上にフェイクニュースが飛び交う今、新聞の役割は増していると考えています」と説明し、読者に理解を求めていました。

大手新聞社はこの10年間で売上部数が大幅に落ち込んでおり、朝日新聞社以外の大手新聞社もほぼ値上げや経費削減を実施しています。

ただ、新聞社の幹部らが高給取りとなっている状況は変わっておらず、消費税でも減税措置を受けているメディアが値上げをしていることに疑問や批判の声も多いです。

 

<お知らせ>読者のみなさまへ 購読料改定のお願い 来月から月ぎめ4400円に 朝日新聞社
https://www.asahi.com/articles/DA3S14934506.html

 朝日新聞社は7月1日から、本紙の朝夕刊月ぎめ購読料を、現在の4037円(消費税込み)から4400円(同)に改定いたします。ご負担をお願いするのは誠に心苦しい限りですが、一層みなさまのお役に立てるよう、紙面づくりに全力を尽くします。引き続きのご愛読をお願い申し上げます。
消費税を除く本体価格の改定は1993年12月以来、27年7カ月ぶりです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!