新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

医師ら450人がワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出⇒スピリチュアル界隈の人が沢山と話題に!


6月24日に新型コロナウイルスのワクチンの安全性に懸念を訴えた全国の医師ら計450人が連名で、ワクチン接種中止を求める請願書を厚生労働省い提出しました。

この請願書に賛同したのは国内の医師ら390人や地方議員60人となっており、発起人は高橋徳・米ウィスコンシン医科大名誉教授。
ワクチン接種の中止を求めた理由について、「死亡率が非常に低く、感染者の80%が軽症にもかかわらず、安全性もまだ分かっていない遺伝子ワクチンを国民全員に接種させる必要があるのか疑問だ」などと説明していました。

ネット上では賛同人の中にスピリチュアル系の医師らが混ざっているとして物議を醸しており、ワクワク中止以外の主義主張にもトンデモ論が含まれているとして賛否両論になっています。

実際に請願書を提出した医師らは新型コロナウイルスの死亡率を非常に低いと決めつけ、感染者の8割が軽症で大したことがないと決めつけている発言をしていました。
新型コロナウイルスは軽症でも後遺症が長いくことが知られ、一度完治した後に再感染することも多いです。
そのような新型コロナウイルスの症状を知っていれば、新型コロナウイルスを軽視することなんて出来ないわけで、ワクチン接種の中止を求める根幹部分でトンデモ論の気配を感じると言えます。

 

国内の医師ら450人がワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出
https://www.sanspo.com/article/20210624-IOQJULJCVRMBXMZXIDJG6SDUHA/

新型コロナウイルスワクチンの安全性に懸念を訴える全国の医師ら計450人が24日、連名で接種中止を求める嘆願書を厚生労働省に提出した。
嘆願書に同意したのは国内の医師390人と地方議員60人で、発起人の高橋徳・米ウィスコンシン医科大名誉教授(クリニック徳院長)

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!