新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ファイザー製ワクチン、3回目の追加接種で95.6%の有効性と発表⇒疑心暗鬼になる人が続出!「感染は防げないのでは」「副反応は?」


*厚生労働省
アメリカの大手製薬会社・ファイザーとドイツのビオンテックが新型コロナウイルス用ワクチンの追加接種(ブースター)について、95.6%の有効性が確認されたと発表しました。

ロイター通信によると、ファイザーは16歳以上の1万人以上を対象にした治験の結果を発表し、その中でワクチンの有効性が95.6%と高い数字で確認されたと報告。3回目のブースター接種は大きな効果があったとして、感染力の強いデルタ変異株にも効果が期待できるとしていました。

ただ、この治験結果が発表されるとネット上では懐疑的な意見が相次ぎ、「そもそもワクチン接種では感染を防げないのでは」「副反応は大丈夫なのか」と懸念や批判の声が噴出しています。
前の治験でも高い数字が出ていましたが、それも時間制限付きで、ワクチン接種から数ヶ月が経過すると抗体値が減少すると伝えられていました。

ワクチン接種に対する不信感も根強く、国や製薬会社が副反応に対する説明が消極的なのもあって、ワクチン接種を避ける動きも強まっています。

 

ファイザー製ワクチン追加接種、95.6%の有効性 デルタ株にも効果
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-pfizer-vaccine-idJPKBN2HB1TU

[ベルリン 21日 ロイター] – 米ファイザー・独ビオンテックは21日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)の臨床試験(治験)で、95.6%の有効性が示されたと発表した。
感染力の強いデルタ変異株にも効果があるほか、良好な安全性プロファイルも示されたという。
治験には16歳以上の1万人の被験者が参加した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!