新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

年金支給額が2年連続でマイナス改定に!4月以降は0.4%引き下げ、物価のマイナス0.2%よりも名目賃金変動率を優先


*年金機構
今年4月から年金の支給額が0.4%引き下げとなり、2年連続のマイナス改定となることが決まりました。

年金の支給額は安倍政権時代にマイナスの大きな名目賃金変動率に合わせて調整することが決定され、従来ならば物価変動に合わせてマイナス0.2%だったのですが、今年4月以降の年金支給を対象にしてマイナス0.4%が適用されることになります。
マイナス改定は2年連続で、自営業者らが受け取る国民年金は月額6万4816円となる見通しです。

共産党の志位和夫代表は「値上げラッシュのもと、年金削減とは、とんでもない。どうやって暮らしていけというのか」とコメントし、政府の年金運用に強く反発。立憲民主党からも年金削減に繋がっているとして、与党に見直しを求める声が飛び出ていました。

ただ、政府与党の年金削減の姿勢は変わらず、少子高齢化の加速もあってさらなる年金削減案が議論されているところです。

 

年金支給額 2年連続マイナス改定 4月以降0.4%引き下げ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220121/k10013442311000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

ことし4月以降の年金支給額について、厚生労働省は、賃金の指標がマイナスになったことに伴い、今年度より0.4%引き下げると発表しました。
マイナス改定となるのは2年連続です。
年金の支給額は、物価と賃金の変動に応じて毎年改定されていて、厚生労働省は21日、ことし4月以降の公的年金の支給額を発表しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!