新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】ロシアとウクライナへの渡航中止勧告!大使館員家族に退避命令 戦争不可避か アメリカ


*CNN
アメリカ政府がロシアとウクライナへの渡航警戒レベルを最も高い「渡航中止」にすると発表しました。

CNNや共同通信社の報道によると、アメリカ国務省はロシア軍がウクライナに侵攻する恐れがあるとして、ウクライナの首都キエフにあるアメリカ大使館の職員家族らに退避命令を通達したとのことです。一部の職員も自主的退避を承認し、現地に滞在しているアメリカ市民には即時の国外退避を促しています。

1月24日の段階でロシア軍の動きはさらに強化されているとして、アメリカ側はロシアの侵攻を防ぐのは厳しい情勢になってきたと指摘。
水面下では全面戦争を防ぐための交渉が続いていますが、ロシアの態度が固く、交渉はほぼ進んでいません。

一方で、日本政府は依然として注意喚起止まりで、アメリカのような厳しい命令までは踏み込んでない状態です。
ウクライナやロシアで活動している日本企業もあることから、日本政府が早い段階で決断をしなければ、有事に巻き込まれる日本人が出てくることになるかもしれません。

 

米、ロシアとウクライナへの渡航中止勧告
https://nordot.app/858158637042204672?c=39550187727945729

【ワシントン共同】米国務省は23日、ウクライナ国境での緊張が続いているとして、ロシアとウクライナへの渡航警戒レベルを4段階のうち最も厳しい「渡航中止」(レベル4)とした。

米、大使館員家族に退避命令 ウクライナ侵攻懸念
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022012400208&g=int

 【ワシントン時事】米国務省は23日、ロシア軍によるウクライナ侵攻の脅威が続いているとして、ウクライナの首都キエフにある米大使館の職員家族に退避命令を出したと発表した。一部職員の「自主的退避」も承認し、現地に滞在する米国市民には民間機などを利用し、直ちに国外退避するよう改めて促した。また、ロシアへの「渡航中止」も勧告した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!