新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

まん延防止重点措置、18道府県の追加で政府決定!沖縄・山口・広島は延長へ 中等症病床を倍増しても不足


*官邸
新型コロナウイルスの新規感染者数が激増していることを受けて、政府は18道府県のまん延防止重点措置の要請を承認する方向で調整していることが分かりました。

NHKの記事によると、関西3府県や北海道などがまん延防止防止重点措置の適用を要請中で、政府は今月25日に分科会の意見を聞いて、正式に決定するとのことです。
また、沖縄県や広島県、山口県のまん延防止重点措置も延長が検討されており、すでに適用されている地域も合わせると、34の都道府県に拡大されることになります。

新規感染者数の急増から各地の医療機関でコロナ用の病床数を増やしていますが、その増えた病床が即座に埋まるほど深刻な事態になっていました。

東京にある東京医科歯科大学病院はNHKのインタビュー記事で、「オミクロン株の急拡大は想定以上になっている。なんとか一般診療に影響が出ないように進めていくが、患者がどこまで増えていくのか懸念は大きい」と述べ、一般診療にも影響がでてきていると言及。
患者がこのまま増えると対応不能になるとして、医療機関の受け入れ体制も限界寸前だと伝えていました。

病床使用率も第5波のピークを超えつつあり、国が大体的な支援を行わなければ、日本中で医療崩壊となりそうです。

 

山口県「まん延防止」延長要請 県内全域に対象拡大へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220124/k10013447711000.html

山口県は新型コロナウイルスの感染拡大が続いているとして、今月末が期限の「まん延防止等重点措置」の延長を政府に要請しました。
延長が決まれば、県は措置の対象を県内全域に拡大する方針です。

「まん延防止」18道府県追加 あす25日に政府分科会に諮問へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220124/k10013447791000.html

新型コロナの感染の急拡大が続く中、政府は、まん延防止等重点措置を適用する地域に、関西3府県、北海道、福岡など18道府県を追加することを25日に政府の分科会に諮る方針を固めました。
また重点措置が適用されている沖縄、山口、広島の3県について今月31日までの期限を延長することも諮る方針です。

“想定超える感染スピード” 中等症病床を倍増 東京医科歯科大ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20220124/k10013447201000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

オミクロン株の急拡大で、東京の大学病院は中等症患者の病床が、ほぼ満床状態になり、24日からベッド数を倍増させて対応することになりました。
一方、病棟の開設にあたって一般の患者をほかの病棟にすぐに移動できないなど、当初の計画どおりに進まず、医師は「オミクロン株の感染スピードは想定を超えている」と危機感を強めています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!