新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島沖のクロソイから1400ベクレル、国の基準超えて再び出荷停止!放射性物質が中々減らず


*クロソイ
1月26日に福島県漁連は福島県相馬市の近海でとれたクロソイから国の基準を超える放射性物質が検出されたと明らかにしました。

基準値を超えたクロソイが捕獲されたのは相馬市の沖合14キロほどの地点で、このクロソイからは放射性セシウムが1キロあたり1400ベクレルほど検出されたとのことです。
福島県漁連は全てのクロソイは回収し、自主的に出荷停止することを決めたとNHKは報じています。

去年も福島沖の魚介類で基準値を超えたことがあり、クロソイの出荷制限も昨年12月に解除されたばかりでした。

国の放射性物質の基準値は1キロあたり100ベクレルとなっていますが、過去にはその数十倍から数百倍に匹敵する数字が検出されたことがあるほどで、依然として福島沖の放射能汚染が続いていることを示していると言えるでしょう。

 

相馬市沖のクロソイから基準超える放射線物質 再び出荷停止
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20220126/6050017069.html

26日、福島県相馬市の沖合でとれたクロソイという魚から、国の基準を超える放射性物質が検出され、福島県漁連は自主的に出荷を停止しました。
福島県沖のクロソイは12月、国の出荷制限が解除されたばかりでした。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!