新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

災害前兆?深海生物「ダイオウイカ」、初めて生きた姿を海岸で発見!生きたまま打ち上げ 福井県小浜市内


*小浜市 若狭おばま観光協会
貴重な深海生物である「ダイオウイカ」が初めて生きた状態のままで、打ち上げられているのが確認されました。

ダイオウイカの発見報告があったのは福井県小浜市内の海岸です。4月20日に地元住民が海外で全長3メートルのダイオウイカが漂っている姿を確認し、それを撮影して報告。
過去にもこの付近ではダイオウイカが報告されていますが、生きた状態で発見されたのはこれが初です。

専門家からも「ダイオウイカの繁殖方法が世界で初めて解明される可能性がある」というような声があるほどで、地元の水族館が引き取って、今は管理していると報じられています。

ダイオウイカは深海の異変を伝える生物としても知られ、「ダイオウイカが打ち上げられると大きな災害がやってくる」との言い伝えも多いです。

 

海岸のダイオウイカ 生殖器の動画に専門家も驚き 謎解明なるか
https://mainichi.jp/articles/20220421/k00/00m/040/249000c

福井県小浜市の海岸に生きた状態で20日漂着したダイオウイカに、研究者の注目が集まっている。ダイオウイカを保存する越前松島水族館(同県坂井市)を21日訪れた島根大生物資源科学部の広橋教貴教授(繁殖生物学)は「非常に貴重な資料。状態も良く、ダイオウイカの繁殖方法が世界で初めて解明される可能性がある」と話し、生殖器など一部を資料として持ち帰り、調査を始めた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!