新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

水深182メートルに沈んだ観光船「KAZU1」、再び吊り上げ作業へ!明日にも台船「海進」で確認 ベルト強化で対応


*海進binmei
北海道の知床半島沖で沈んだ観光船「KAZU1」について、再び引き揚げ作業を行う方向で調整していることが分かりました。
観光船「KAZU1」はサルベージ台船「海進」が海面の20メートル付近まで引き揚げましたが、5月24日にベルトの一部が外れ、曳航(えいこう)作業中に水深182メートルまで沈んだと発表されています。
詳しい理由は調査中となっていますが、知床半島周囲は潮の流れが強く、それが観光船を固定していたベルトに影響を与えて、観光船がズレ落ちたのではないかと分析されていました。

読売新聞によると、沈んだ失敗を踏まえてベルトを強化した上で、作業台船「海進」が5月26日に2度目の引き揚げを行い、浅い海域で被害状況などを確認するとのことです。

2回目の引き揚げ作業では「飽和潜水」を行わず、無人潜水機で船体にベルトを設置して吊り上げるとしています。

ネット上では一回目の失敗を批判する声もありますが、沈んだ船を引き揚げて移動するのは非常に難しく、潮の流れが強い知床半島沖であることを考えると、難易度はさらに跳ね上がると言えるでしょう。

 

水深182mの「カズワン」引き揚げへ、無人潜水機を投入…落下で船体前方の手すり取れる
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220525-OYT1T50141/

 北海道・知床半島沖で乗客乗員26人を乗せた観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部は25日、海底に落下したカズワンを再び海面近くにまでつり上げるため、無人潜水機の海中投入などの準備作業が始まったと発表した。「ベルトスリング」と呼ばれるナイロン製の帯を船体に取り付ける。作業台船「海進」に26日、引き揚げる予定だという

 

 

 

関連過去記事

吊り上げた観光船「KAZU 1」、船体が182mの海底に落下!船体が耐えれず?斜里町のウトロ港からおよそ11キロ西の沖合
https://johosokuhou.com/2022/05/24/58601/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!