新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

吊り上げた観光船「KAZU 1」、船体が182mの海底に落下!船体が耐えれず?斜里町のウトロ港からおよそ11キロ西の沖合


*作業船 海進
北海道の知床半島沖で観光船「KAZU 1」が沈没した事故で、引き上げ途中だった船体が海底に落下してしまったことが分かりました。

NHKの記事によると、知床半島沖に沈んでいた観光船「KAZU 1」は民間の作業船「海進」が海面近くまで吊り上げた状態にしていましたが、5月24日午前に北海道斜里町沖で落下し、船体が前よりも深い182メートルの海底に確認されたとのことです。
詳しい落下の原因は不明ですが、壊れていた船体が吊り上げ作業の負荷に耐えきれず、そのまま固定していたひもの部分から落ちてしまったと見られています。

今回の事故で重要な物的証拠となるだけに、船体が丸ごと消えてしまうと、その後の運営会社への対応や保障にも影響が出るかもしれないと言われているところです。

海上保安庁などは再び引き上げが出来ないか調査するとしていますが、かなり深い場所に沈んだこともあって、作業は難航が予想されています。

 

知床 観光船沈没事故 つられた状態の船体が182mの海底に落下
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220524/k10013640701000.html

北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、現場の海底から海面の下20メートル程度までつり上げられ、海中につられた状態のまま作業船で運ばれていた船体が、24日午前、北海道斜里町沖で落下しました。
水深182メートルの海底に沈んでいることが確認され、海上保安庁などが詳しいいきさつを調べるとともに、再び引き揚げに向けた作業ができないか検討しています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!