新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国家公務員の夏ボーナス、平均支給額は58万円に!約7万6300円減少 平成以降で最大のマイナス


国家公務員の夏のボーナスが6月30日に支給されましたが、平成以降で最大の減少幅を記録したことが分かりました。

朝日新聞の記事によると、2022年の平均支給額は58万4800円となり、昨年と比べて約7万6300円(約11.5%)も減ったとのことです。
これは人事院勧告で給与法が改正され、支給月数が0.075ヶ月引き下げとなった影響や、昨年12月のボーナス引き下げなどが合わさって減額調整されたことが大きな影響を及ぼしていると見られています。

他にも岸田文雄首相が約363万円、最高裁長官が約518万円、衆参両院議長が約480万円となっていました。
国家公務員へのボーナス支給は毎回意見が大きく割れることが多く、国家公務員のボーナスを民間の基準にするべきとの意見や、国家財政を黒字化するまでボーナスを無くすべきというような意見まで賛否両論が飛び交うことが多いです。

 

国家公務員のボーナス、昨夏から11・5%減 平均58万円支給
https://www.asahi.com/articles/ASQ6Z6QC5Q6ZUTFK019.html?ref=tw_asahi

国家公務員の夏のボーナスが30日に支給され、管理職をのぞく行政職(平均年齢34・2歳)の平均支給額は約58万4800円となった。昨年より約7万6300円(約11・5%)減った。
人事院勧告に基づく給与法改正で、支給月数が0・075カ月引き下げられて2・12カ月となったほか、昨年12月のボーナスの引き下げ相当額0・15カ月分が今夏に持ち越されたことで減額調整された。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!