新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

三浦瑠麗氏がテレビ番組で「大喪の礼」を「たいも」と読み間違い!安倍元首相の国葬を正当化 国際学者なのかと批判相次ぐ


*三浦瑠麗Twitter
国際政治学者を名乗っている三浦瑠麗氏が「大喪(たいそう)の礼」を「たいもの礼」と言い間違えて炎上しています。

問題の発言は7月31日に放送されたテレビ番組「ワイドナショー」で、安倍晋三元首相の国葬に触れた場面で飛び出てきました。

岸田政権による安倍元首相の国葬は正しいとする論調の中でかつて行われた大喪の礼を引き合いに出して、三浦瑠麗氏は「日本で少し私が憂慮するのは、天皇陛下の国葬は当然だと、これはもう“たいもの礼”だと」「だから権威は認めるけど、民主主義で選んだ総理大臣に対して、毀誉褒貶もあろうだけれども、政治はダメってのは民主的にはおかしいと思っているんです」とコメント。

天皇陛下の大喪の礼と同じように、民主主義で選ばれた総理大臣も国葬をするべきではないかと語っていたのです。
重要な場面で発言を言い間違えたことも大問題ですが、その発言内容も天皇陛下と総理大臣を同列に扱うようなもので、両方が合わさって大炎上。

大手SNSのツイッターでもトレンド入りするほどに注目を集め、三浦瑠麗氏は本当に政治学者なのかと批判や疑問の声が飛び交っていました。

ちなみに、天皇家の大喪の礼は皇室典範で定められていますが、総理大臣の国葬は法律が存在しておらず、前にあった国葬令が廃止されたことで正当性を失っています。
三浦瑠麗氏がこの点を理解していなかったのも地味に問題で、一連の発言には違和感しか無いです。

 

三浦瑠麗『ワイドナショー』で「大喪の礼」読み間違いに「本当に政治学者?」と疑問噴出
https://jisin.jp/domestic/2123464/

国際政治学者の三浦瑠麗氏(41)が、31日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演し、天皇と上皇の国葬である「大喪(たいそう)の礼」を「たいもの礼」と言い間違えたことにより、ネットで集中砲火を浴びている。
「三浦氏といえば、『徴兵制が再び必要』などの発言で有名な保守の論客です。自民党政権下で重宝され、保守層から支持されてきました。これまでも政権を擁護する発言が多かったため、リベラルからは敬遠されてきた近年を代表する保守派インテリの1人でしょう」(全国紙政治部記者)

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!