新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

岸田文雄首相「安倍氏の国葬、弔意を国全体として示すことが適切だ」「様々な意見があるのは承知」


*官邸
岸田文雄首相が安倍晋三元首相の国葬について、多数の意見があるのことは把握しているとしながら、国全体として弔意を示すべきだと強調しました。

8月6日に広島市の記者会見で岸田首相は「世界各国がさまざまな形で弔意を示している。我が国としても弔意を国全体として示すことが適切だ」と発言し、国全体がまとまって安倍元首相に弔意を示すのが正しいと強調。
反対意見があることは承知しているとしながら、安倍元首相の功績や選挙運動中の非業の死などを理由にして、安倍元首相の国葬は必要なことだと語っていました。

このような岸田首相の発言に野党・共産党の志位和夫委員長からは「内心の自由の侵害になりかねない」というような批判の声があり、弔意の強要は内心の自由を侵害する危険な行為だとして反発が拡大しています。
ネット上でも国葬に批判的なコメントが多く見られ、このまま国葬が実施となれば岸田内閣の政権支持率も大きく変わることになりそうです。

 

岸田首相、安倍氏の国葬で「弔意を国全体として示すことが適切」
https://mainichi.jp/articles/20220806/k00/00m/010/111000c

岸田文雄首相は6日、広島市で記者会見し、9月27日に予定されている安倍晋三元首相の「国葬」について「世界各国がさまざまな形で弔意を示している。我が国としても弔意を国全体として示すことが適切だ」と述べ、改めて必要性を強調した。

首相は国葬に対して「さまざまな意見があることは承知している」と述べた。その上で、国葬を開く理由について「8年8カ月という憲政史上最長の(首相在任)任期、民主主義の根幹たる選挙運動中の非業の死、これらは間違いなく他に例を見ないものだ」と説明した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!