新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

下町ボブスレー騒動、安倍政権が補助金で優遇か!?自民党議員「総理に最も近い中小の社長」


下町ボブスレーの騒動が大炎上していますが、この下町ボブスレーのプロジェクトが安倍首相と非常に深い関係だった可能性が高まっています。
特に問題視されているのは細貝社長と安倍首相の関係で、自民党の平将明議員がネット番組の中で「下町ボブスレー・細貝さんは、安倍総理に最も近い中小企業の社長と呼ばれている」などと持ち上げていたこともありました。

驚くべきは細貝さんが安倍首相に対して「補助金とか様々な政府の政策は申請資料が多すぎる!」などと意見したところ、その後に安倍政権が配慮して資料を大幅に減らしたという点です。

平将明議員はその時のエピソードを「安倍さんから茂木さんに降りてきて、結局は私がやることになりましたが(笑)」「あれは強烈ですね。細貝さんの一言で」と語っており、政府の政策にも影響を与えていたと言及しています。

学校の教科書に安倍首相が乗っている下町ボブスレーの画像が掲載されていることもそうですが、他にも異常な厚遇っぷりが目立っています。
与党関係者とも交流があるようで、安倍政権が自身の宣伝のために下町ボブスレー計画を利用している可能性も否定できないと言えるでしょう。

 

↓自民党議員と細貝氏のやり取り
平将明
「細貝さんと言えば、今、『安倍総理に最も影響力がある中小企業の社長』と言われていますけども」
「大田区で中小企業の皆さんを集めて、総理や私も入って意見交換した時にですね、細貝さんから『補助金とか様々な政府の政策は申請資料が多すぎる!』って言ったら、安倍さんから茂木さんに降りてきて、結局は私がやることになりましたが(笑) 結果として書類は半分くらいにしましたが(笑い)」

細貝
「いやー、ありがたいですよ」

平将明
「あれは強烈ですね。細貝さんの一言で(笑)」

 

関連過去記事

下町ボブスレー、安倍首相が関与か!?優遇処置の可能性も 「安倍首相の演説後にスポンサーが増えた」http://johosokuhou.com/2018/02/08/542/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!