新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

コロコロのチンギス・ハーン騒動、小学館が謝罪へ!謝罪文をモンゴル大使館に


月刊誌「コロコロコミック」に掲載された漫画「やりすぎ!!! イタズラくん」で、歴史史上の人物であるチンギス・ハーンに不適切な表現をした問題で小学館が謝罪しました。

小学館は公式ホームページ上に「モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます。今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です」との文章を掲載し、一連の騒動について謝罪。

また、2月23日付で謝罪文をモンゴルのダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日臨時代理大使に渡したとも発表しています。今回の問題は横綱・朝青龍の報告がキッカケで広がり、遂にはモンゴル大使館が動く騒動になりました。
流石に小学館側もモンゴル大使館の動きには驚いたようで、素早い謝罪対応に繋がったと見られています。

ただ、日本国内では賛否両論となっており、「漫画文化を萎縮させる」との声も少なくないです。

 

コロコロコミック3月号掲載『やりすぎ!!!イタズラくん』の一部表現に関するお詫び
https://www.shogakukan.co.jp

2月15日に発売致しました弊社月刊誌「コロコロコミック」3月号掲載の漫画『やりすぎ!!! イタズラくん』において、モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます。

今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です。

なお2月23日、同趣旨の謝罪文を、モンゴル国のダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日臨時代理大使に直接お渡し致しましたので、あわせてご報告致します。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!