新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【異常気象】首都圏で異例の降雪、東京で積雪10センチ!春の雪に事故も多発!明日も大雪


カレンダーの上では春の暖かい時期に突入していますが、現実だと異例の寒波が到来しています。気象庁によると、関東地方を中心に東日本の広い範囲で気温が急低下しており、3月21日昼時点で長野県の野沢温泉村では76センチ、群馬県のみなかみ町藤原でも75センチ、山梨県の富士河口湖町で19センチ、埼玉県の秩父市で5センチの積雪量を観測しているとのことです。

大雪警報が出された神奈川県箱根町では雪の影響で箱根登山鉄道が運転を中止し、徒歩で移動する人たちも発生。季節外れの大雪に各地でスリップ事故が多発している状態で、国土交通省や気象庁は雪の対策を強化するように促しています。

寒気はこのまま本州の南岸を通過する見通しで、22日にかけて関東甲信や東北地方の太平洋側を中心に雪が降ることになりそうです。季節外れの大雪ということもあって、スリップ事故や交通トラブルに警戒が必要だと言えるでしょう。

 

関東甲信の山沿いと東北 あすにかけ大雪のおそれ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180321/k10011373331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

上空の寒気と低気圧の影響で、関東甲信の山沿いを中心に雪が降り、平野部でも積もっているところがあります。22日にかけて関東甲信の山沿いと東北の太平洋側を中心に大雪となるおそれがあり、気象庁は積雪や路面の凍結による交通への影響などに警戒するとともに、雪崩にも十分注意するよう呼びかけています。

雪で電車動かず 徒歩で帰る人も 神奈川 箱根町
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180321/k10011373471000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

卒業旅行で福島県から訪れた男子大学生は「美術館に行って帰ろうと思ったら、行きは動いていた電車が止まってしまったので、しかたなく電車が動いている駅まで歩いて帰っています。3月が終わる頃に雪は降らないと思っていたので驚いています」と話していました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!