新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

去年の自殺した子供499人で過去最多 6月と8月、11月で顕著に増加 コロナ自粛の影響が色濃く 


子供の自殺数が去年は過去最多となったことが分かりました。

これは文部科学省が発表したもので、2020年の1年間で自殺した小中学生と高校生は499人となり、前年同期比で100人の増加を記録。
国が統計を取り始めてからの過去最多の数字を更新した形で、NHKの記事には「このなかで特に自殺が増加した6月、8月、11月は、新型コロナウイルスの感染拡大による長期の一斉休校が明けた時期や夏休みの短縮、それに文化祭や運動会などの行事が中止された時期と重なっているとしています」と書いてありました。

文部科学省が公開している資料を見てみると、たしかに6月や8月、11月のイベントがある時期で自殺者数が跳ね上がっている傾向が強く、昨年にイベントや行事が一斉に中止となったことも自殺増加の背景にありそうです。
いわうる家庭内暴力や虐待に苦しんでいる子供が逃げ場として学校に行っていた側面もあったことから、新型コロナウイルスに伴う臨時休校で逃げ場が無くなった結果、自殺に追い込まれてしまった子供も居ると思われます。

ヨーロッパでは子供のために避難所や受け入れ施設の整備が進んでいますが、日本の児童保護施設は数が少なく、法的な整備もまだ中途半端なのが実情です。

 

児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議(令和3年度第2回) 配付資料
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/164/siryo/1422639_00004.htm

自殺した子ども499人 過去最多に 去年 長期の一斉休校も背景に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210625/k10013103691000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

去年1年間に自殺した小中学生と高校生が過去最多となる中、文部科学省の専門家会議が背景と対応策の案をまとめました。一斉休校で家庭に居場所を感じられない子どもが、息苦しい思いをした可能性は否めないなどと指摘したうえで、SOSの出し方を学ぶ教育プログラムなどが必要だとしています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!