新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】4月から初診料が800円値上げ!医療保険はアップ、電気料金も全10社で上昇


今年は4月から医療保険サービスや電気料金で値上げが行われます。地域包括診療料などの初診料が800円値上げされ、病院で診てもらうだけで費用が多く発生する点です。
在宅医療の往診費用も値上げされる予定で、高額療養費制度も70歳以上の人を対象に8月から負担増となります。

医療保険関連の負担増は他にも多くあり、国保の年間保険料は今まで上限額が73万円でしたが、これも77万円にアップ。介護保険料も来月から負担増で、介護サービスの自己負担額の割合も2割負担から3割負担に増える見通しです。

電気料金も5月から値上げの方向が決まっており、電力大手10社は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で負担が増えているとして、電気料金に上乗せする形で徴収すると発表しています。
標準家庭では前月より89~133円ほど高くなり、これで3か月連続のアップが確定しました。

他にも各種税金やワイン・ビールなどが値上げとなることから、家庭への負担が増大する形になりそうです。

 

初診料が800円値上げも……4月に変わる医療・保険費のルールhttps://this.kiji.is/350897837283968097?c=44341039600582657

「4月から各生保会社が、生命保険料を改訂します。一般的に、死亡したら保険金が支払われる死亡保険の掛金が若干安くなり、医療保険や就業不能保険など、生きているうちに給付される保険は、若干値上がりする傾向にあります」

こう話すのは、ファイナンシャルプランナーの加藤梨里さん。保険料は、標準生命表という国の統計データを基に算出されている。11年ぶりに改訂された同統計で、長生きの人が増えたために、死亡率が下がったことが理由だ。加藤さん、そして生活経済ジャーナリストの柏木理佳さんが、4月に変わる医療・保険費のルールについて解説してくれた。

再エネ負担金で大幅高=電気料金、全10社上げ-5月
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3394190?news_ref=nicotop_topics_topic

 電力大手10社は29日、5月の電気料金をそれぞれ引き上げると発表した。火力発電の燃料となる原油や液化天然ガス(LNG)の価格上昇に加え、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で電気代に上乗せされる負担金が5月以降、増額されるため。標準家庭では前月より89~133円高くなる。このうち負担金の増額分は60~68円。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!